2016/5/24

創設者の想い

株式会社サポート22 代表取締役社長 富田剣道

社訓「己」に込めた、自主性を重んじる会社理念

サポート22の事業には「己」という共通の理念があります。
己とは自分自身のこと。利用者様に向き合う時も、介護のスキルを高めるのも、業務の効率を上げるのもすべて自分次第です。常に自分と向き合って考え、行動することが何より大切です。そうした積極的な考えや行動が利用者様の幸せ、自分と家族の幸せ、更には会社の発展などに繋がっていくと考えております。

「人こそが財産!!」

およそ400年前の戦国時代の武将の一人であった武田信玄の戦略・戦術を記した軍学書である『甲陽軍鑑』の中に「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」という言葉があります。
解釈は様々ではありますが、私はこの言葉の意味を勝敗を決するのは堅固な城ではなく、人の力であると考えます。

戦乱の世、他国は強固な城を築いているなかにあって、武田信玄は城を持ちませんでした。それでも戦国最強と言われるまでになったこの言葉には、重さがあり説得力があるように思います。
これからのビジネス社会では、個人の才能を十分に発揮できるような環境・組織を作ることが企業に最も問われています。だからこそ、弊社では社員一人ひとりの意識が大切であると考えております。
以上のことを心に留め、より一層社会に貢献出来るよう、日々努力邁進して参ります。

ホームへ先頭へ前へ戻る