2017/11/13

★ブリック オア トリート★

ケアプランの高木です!
すっかり秋も深まり寒くなりました。
そんな寒さにも負けず、先日子供の誕生日のお祝いをかねてレゴランド・ジャパンへ行きました!
当日はあいにくの天気でしたが、初のレゴランド体験をリポートしたいと思います!

メインエントランス
メインエントランス
ブリックとは英語でブロックの意味です
ブリックとは英語でブロックの意味です



パークではハロウィンのイベントが開催されており、入口の近くには巨大なレゴ・パンプキンがありました!

アトラクション&見どころ (^^)/

様々なアトラクションの中でも、子供達のお気に入りはサブマリンアドベンチャーという、潜水艦に乗って海底の古代遺跡を探検するというアトラクションでした。
入口には巨大なタコと潜水艦のブロックがあり、水中では本物の魚に交じって、レゴフィッシュが・・!

遺跡の周りにはサメがウヨウヨいます('Д')
遺跡の周りにはサメがウヨウヨいます('Д')
タコに掴まれたイエローサブマリン
タコに掴まれたイエローサブマリン
体長3m程の巨大タコ!
体長3m程の巨大タコ!
よく見るとレゴフィッシュがいます
よく見るとレゴフィッシュがいます
パークが一望出来ます♪隣の国際展示場まで見下ろせます!
パークが一望出来ます♪隣の国際展示場まで見下ろせます!

こちらはパーク中央に位置する、オブザベーション・タワーからの眺望です。
当日は台風による雨風の影響で、絶景とまではいきませんでしたが、高さ50mからの眺めはとても迫力がありました。

完成までの工程を順に見学します
完成までの工程を順に見学します

レゴ・ファクトリー・ツアーでは、レゴブロックの制作工程が分かる工場見学が楽しめます。
ここでは、カラフルなレゴが指定のカップに詰め放題で販売されています。

カップに自由に詰めて、ふたが閉まればOK!
カップに自由に詰めて、ふたが閉まればOK!


パークには、大小様々なレゴ作品が多数飾られています。
見つけた一部を紹介します。

全てあの小さなレゴで出来ています
全てあの小さなレゴで出来ています
イーオンはビルの何階にあるでしょう?
イーオンはビルの何階にあるでしょう?

ミニランドでは、東京・大阪・愛知などの主要な観光スポットが忠実にレゴで再現されています。
1000万以上のブロックが使用されているそうです。
リアルな街並みに、思わず見入ってしまいました。

ちょっとひと休み (˘.˘)

ポテトもレゴブロックの形です♪
ポテトもレゴブロックの形です♪
昼食はブリックハウスバーガーで頂きました
昼食はブリックハウスバーガーで頂きました
ビーフ100%の粗挽きバーガーに子供達も大満足!
ビーフ100%の粗挽きバーガーに子供達も大満足!
水で濡れるアトラクションの脇には全身ドライヤーが!
水で濡れるアトラクションの脇には全身ドライヤーが!
お土産で人気のキーホルダー
お土産で人気のキーホルダー
こちらも人気のレゴランドベアー
こちらも人気のレゴランドベアー

午後から雨風が強くなってきたので、室内のアトラクションへ移動しました。
レゴ・クリエイティブ・ワークショップでは、レゴを使った様々なモデル作りを講師が教えてくれます。(予約制なので、事前申し込みをお忘れなく)

最後に終了認定証が貰えます ↑
最後に終了認定証が貰えます ↑

パークと駐車場の間には、商業施設メイカーズピアがあります
パークと駐車場の間には、商業施設メイカーズピアがあります

開設より賛否両論がある、レゴランド・ジャパンですが、特に幼い子連れの方にはとても楽しめると思います。
割高と言われているチケットは、事前のネット購入がお勧めです。
台風の影響か、混雑もなくアトラクションを楽しめました!
食べ物も美味しかったです♪
皆様も是非レゴランドへゴー!

ホームへ先頭へ前へ戻る