2020/12/23

いつか行ってみたい・・・?!

先日、某TV番組で、30年で3万カ所以上ものロケ地を巡ったお二人が紹介する「ロケ地巡礼の世界」を見ました。
ドラマの名シーンとともに隠れた穴場絶景の紹介や、現在放送中のドラマのロケ地探しなど、なかなかおもしろい内容でした!

ドラマや映画のロケ地に興味が湧いたので、少しだけですが紹介したいと思います(^O^)

「いつかは行きたい」ロケ地ランキング2020

1位 北海道 富良野市 ☓ ドラマ『北の国から』ほか
2位 岐阜県 飛騨市 ☓ アニメ映画『君の名は。』ほか
3位 岩手県 久慈市 ☓ 連続テレビ小説『あまちゃん』ほか
4位 香川県 庵治町 ☓ 映画『世界の中心で、愛をさけぶ』ほか
5位 沖縄県 与那国町 ☓ ドラマ『Dr.コトー診療所』ほか
6位 東京都 渋谷区 ☓ ドラマ『花より男子』ほか
7位 北海道 小樽市 ☓ 映画『Love Letter』ほか
8位 広島県 尾道市 ☓ 映画『時をかける少女』ほか
9位 神奈川県 鎌倉市 ☓ アニメ『SLUM DUNK』ほか
10位 北海道 十勝エリア ☓ 連続テレビ小説『なつぞら』ほか

( 映像作品のロケ地の魅力を紹介するロケーションジャパン2020年10月号より )


栄えある第1位に輝いたのは北海道富良野市。脚本家・倉本聰氏が同市を訪れ執筆したドラマ『北の国から』のメイン舞台です。初回放送から40年以上経っていますが、名作は時代を超えて愛されていますね。
私も大好きなドラマで、子供の頃に毎シリーズ欠かさずに見ていました。もう何十年も前に見たドラマですが、数々の名シーンや名ゼリフ、いまだに覚えています。北海道の豊かな大自然にもあこがれ、いつか行ってみたいと思っていますが...。まだ実現されていません(T_T)

富良野といえばラベンダー畑
富良野といえばラベンダー畑
『北の国から』のロケ地は麓郷地区に集中「五郎の石の家」は内部のセットも見学できます
『北の国から』のロケ地は麓郷地区に集中「五郎の石の家」は内部のセットも見学できます


第2位は岐阜県の飛騨市。『君の名は。』は、2016年に公開された新海誠監督による長編アニメーション映画で、日本だけではなく海外でも爆発的なヒットとなりました。
RADWIMPSが映画で流れる音楽全てを手がけ、主題歌の「前前前世」も大ヒット。飛騨・東京・長野など、舞台やモデルになった場所を巡る “ 聖地巡礼” も盛り上がりました。
し・か・し!あれだけ話題になりTVでも放送されたのに、私、まだ見ておりません(^_^;)
今回調べてみて、舞台となった実在している場所などを先に知りましたが、聖地を気にしながら?ストーリーと映像美を楽しみに、今頃!?ですが見てみたいと思います。

高山本線「飛騨古川駅」
高山本線「飛騨古川駅」
飛騨古川駅前のタクシー乗り場
飛騨古川駅前のタクシー乗り場
飛騨市宮川町落合のバス停個性的な屋根のあるバス停です
飛騨市宮川町落合のバス停個性的な屋根のあるバス停です
劇中での再現度、高いです!(c)「君の名は」製作委員会
劇中での再現度、高いです!
(c)「君の名は」製作委員会


8位の広島県尾道市も憧れの地です。大林宣彦監督による「尾道三部作」良いですね~。私は「時をかける少女」を映画館に見に行きました。当時は小学生でしたが、初めてパンフレットを買った映画です。
瀬戸内海の美しい景色やノスタルジックな街並みや坂道、猫好きにはたまらない「猫の細道」など・・・。情緒あふれる「映画の街 ・ 尾道」もいつか訪れてみたいです。

ここ名古屋でも・・・

調べてみると、名古屋にもロケ地になっている場所がたくさんありました!
「名古屋市役所」は、映像制作者の間では、歴史的な建造物で撮影ができる場所として有名だとか。大正11年に建設された重要文化財の「名古屋市市政資料館」もその代表格で、多くの映画やドラマが撮影されています。

「笑の大学」三谷幸喜原作・脚本・2004年
「終の信託」周防正行監督・2012年
「三度目の殺人」是枝裕和監督・2017年
「アルキメデスの大戦」山崎貴監督・2019年    など・・・
「三度目の殺人」の時は、主演の福山雅治さん、是枝裕和監督の記者会見が、市役所で行われたそうです。

名古屋市役所本庁舎は昭和8年築の国指定重要文化財
名古屋市役所本庁舎は昭和8年築の国指定重要文化財
ネオバロック様式の名古屋市市政資料館
ネオバロック様式の名古屋市市政資料館

「官僚たちの夏」佐藤浩市他出演ドラマ・2009年
「謝罪の王様」宮藤官九郎脚本・2013年
「午前0時、キスしに来てよ」片寄涼太☓橋本環奈主演・2019年
「カツベン」周防正行監督・2019年
正面玄関から延びる中央階段が趣があります。

名古屋に住んでいますが、「名古屋市役所」「名古屋市市政資料館」ともに行った事がありません(^_^;)
「名古屋市役所」は映画のなかでは裁判所や国会議事堂に、「名古屋市市政資料館」は国会議事堂や総理官邸、財閥ビルなどの設定で登場しています。館内には、この場所で撮影されたドラマや映画の出演者のサイン色紙や、撮影現場を収めた写真などが展示してあるコーナーもあるそうです。


その他にも、名古屋の道路を封鎖して撮影した作品もたくさんありました。

・官庁街初の撮影 「ストロベリーナイト」 佐藤祐市監督 2013年公開
・使用されたパトカーの台数は名古屋ロケ最多!「藁の楯 わらのたて」 三池崇史監督 2013年公開
・名古屋が舞台 「ビリギャル」 土井裕泰監督 2015年公開
・名古屋で初のカークラッシュ撮影 「劇場版 MOZU」 羽住英一郎監督 2015年公開
・ささしま周辺で渋滞を作る為、エキストラは自家用車で参加したとか 「AI崩壊」 入江悠監督 2020年公開


調べてみると、「あの映画があそこで?!」「あのドラマも!?」と、たくさん有名どころが出てきて驚きました\(゜ロ\)(/ロ゜)/
どの場面で出てくるか少し気にしながら、映画やドラマを見直してみてもおもしろいかも。
ロケ地に限らず、行きたい場所に気にせず行ける日が、一日でも早く訪れるといいですね。

ホームへ先頭へ前へ戻る