2013/8/6

環境づくりが「自立支援」のカギ

環境づくりが「自立支援」のカギ
環境づくりが「自立支援」のカギ

柔らかな太陽の光が降り注ぐ午前中、ご利用者様がワイワイとお風呂の順番を待っています。
ココロのお風呂タイムは銭湯のよう。
ご利用者様はゆったりとお湯につかって、おしゃべりに花を咲かせています。
何気ないひとコマですが、安全面・プライバシー面で職員が一番気を使っているシーン。
お風呂には補助用具や介護用手すりを完備しており、リラックス出来る環境づくりをしてます。

 
 

賑やかな笑い声が浴室に響く一方、朝からずっとテレビの前に座ったままのご利用者様もいらっしゃいます。
お風呂に誘っても反応はイマイチ。
中には、お手洗いすらなかなか行かないという方も。
そういう方には、職員から声をかけます。
その人に合った上手い誘い方をするのがポイント。
また、ココロの職員が行うのは「自立支援」です。
つまり、出来ないところをサポートするということ。

なにもかもお世話をしてしまっては、今出来ることもいずれ出来なくなってしまいます。
「ちょっとだけやってみようか」と働きかけ、ご利用者様が挑戦して出来なかったら「一緒にやってみましょう」とサポートします。
職員はお手伝いしたい気持ちをぐっと押さえて見守り、出来ることを維持し、出来なくなってしまったことを少しだけでも取り戻せるよう働きかけるのです。

 

ココロで働きたい! そう思ったら……

ホームへ先頭へ前へ戻る