2016/05/24

一人ひとりに合わせたケアプラン

一人ひとりに合わせたケアプラン
一人ひとりに合わせたケアプラン

利用者様の入居が決まると必ず行うのが、ケアプランの作成。
これを元に、その人らしさと楽しさとを大切にした生活を送って頂きます。
ケアプラン作成時には、入居前にいらした病院や施設からの申し送りだけでなく、どんな仕事をしていたか、どんなことが好きか、どんなふうに家族と関わっているかなどの「人となり」に迫ります。
これまで歩んでいらした人生の背景を汲みとることで、一人ひとりに合わせたケアプランを作るのです。

しかし、どれだけ丹念にケアプランを作っても、入居されてからが本当の勝負。
毎日の申し送りで情報共有することはもちろん、月1回のモニタリングでケアプランの見直しを行います。
利用者様ご本人の要望、日々ふれあう職員のアイデア、医師の助言、ケアマネジャーの専門的な視点…。
これらを組み合わせて、改良を重ねます。

「車いすの高さを変えたら○○さんが食べやすくて嬉しそうだったよ」「この試作品は○○さんにピッタリかもしれない」など、利用者様の日常生活での動作や生活の質の向上を常に第一に考えた会話が飛び交うのは、ココロの特徴かもしれません。
利用者様に、まるでお家にいるように気兼ねなく過ごして頂けるよう、会話、視線、行動をしっかり観察し、常に改善点を見つけるアンテナを張り巡らせています。

 

ココロで働きたい! そう思ったら……

ホームへ先頭へ前へ戻る