2017/02/28

職員の企画でご利用者様が笑顔に

ココロでは、ベテランの企画も、中堅の企画も、もちろん新人の企画も、分け隔てなく採用しています。
なぜなら、一度でも否定したら、アイデアも提案も出てこなくなってしまうから。
企画を採用して、その人を中心に実行してもらいます。
もちろん、アドバイスとフォローは欠かしません。
そして、成功は更なる意欲に、失敗は責任感に繋がります。

お誕生日や季節に合わせたイベントも、すべて職員の企画。
ご利用者様に特に人気なのが「食事レクリエーション」。
その名の通り、美味しいものを食べる会です。
例えば回転寿司では、施設にレーンをはり巡らせるなど大掛かりな計画で、ご利用者様を驚かせました。

また、ラーメンやハンバーガーなど、いわゆるジャンクフードを食べることもあります。
意外にも、普段は小食なのに元気にパクパクと食べる様子が見られることもあり、ご利用者様も職員も楽しみな企画です。

イベント以外にも、職員には「◯◯係」という役割分担があります。
自分の担当分野を中心にアイデアを出し、企画・提案・実行をしているのです。
アイデアのヒントは、全てご利用者様の日常生活から。
何気ない会話や聞き逃してしまいそうなひとり言にもアンテナを張り、ご利用者様が楽しめる、ご利用者様に喜んで頂ける企画を考えています。

ココロで働きたい! そう思ったら……

ホームへ先頭へ前へ戻る