2016/05/24

大切な家族だからプロに頼みたい

週末になると、ご利用者様の家族様がココロを訪れます。
楽しく話をして「また来るね」と帰られるのを、職員も一緒にお見送り。
こういった機会に、利用者様とご家族様、ココロの職員とでケアについて話すこともあります。
ご家族様の「大切な家族だからプロに任せたい」という期待に応えられるよう、利用者様とご家族様によりそった介護を模索し続けています。
とはいえ、すべてのご家族様が毎週訪問されるわけではありません。
お家の事情はそれぞれ。個々に合わせたコミュニケーションと対応を行っています。

もちろん、ご家族様に必ずご連絡しなければならない時があります。
それは、利用者様がお亡くなりになったとき。
ココロは利用者様の「終の住処」なので、避けて通れないことです。
利用者様と職員は一緒になって喪に服し「○○さんはこんな人だったね」「○○さんと一緒に過ごして楽しかったね」と思い出話で故人を偲びます。

大切な家族だからプロに頼みたい
大切な家族だからプロに頼みたい
 

ココロで働きたい! そう思ったら……

ホームへ先頭へ前へ戻る