2017/02/28

チームワークで介護する現場

チームワークで介護する現場
チームワークで介護する現場

日中の介護業務が落ち着いたころ、職員が入れ替わり立ち替わり記録の書き込みをはじめます。
夜勤の職員が出勤すると、談話室の一角で申し送りスタート。
利用者様の動きや会話を気にかけながらも、この時ばかりは真剣なまなざしで情報共有に集中。

ココロでは、こうした申し送りの時間以外にも、様々なシーンで何度も情報共有が繰り返されています。
例えば夕食時、利用者様との会話の合間に聞こえてくるのは「○○さん、お茶2杯目!」「ハーイ」という声。
1日の水分量を共有し、確認しているのです。
こうした小さな情報共有も、利用者様をお世話する上では絶対に欠かせません。

 
 

ココロの職員は、様々な個性の集まりです。
介護技術やコミュニケーション能力など個人差は当然ありますが、その個性を最大限に活かし、日々「己」を磨きます。
ココロの職員として働くには、コミュニケーションが必要不可欠。
なぜなら利用者様個人に対して担当がなく、チームワークで介護しているからです。

中心に利用者様がいて、心にゆとりのある職員が極上のケアをする。
だから利用者様も笑顔が絶えず、それがまた職員の活力になる。
こんな幸せのループが生み出せるのも、ココロのチームワークだからこそなせる業です。

 

ココロで働きたい! そう思ったら……

ホームへ先頭へ前へ戻る