2017/02/28

寄り添い、見守り、共に生活する

寄り添い、見守り、共に生活する
寄り添い、見守り、共に生活する

ココロでは、施設のいたるところに「会話」があります。
職員は利用者様の行動理由や希望を汲みとり、それぞれがその想いによりそった声掛けをしています。
その内容は、状況、勤続年数、スキルによって様々。
ただし、共通しているのは少しでも利用者様に安心してもらうところです。


1日の内、声かけが一番大切なのは夕方頃。
空が暗くなる前に、全ての職員が協力して利用者様に話しかけてふれあいます。
こうすることで、不安になることなく安心して夜を迎えることが出来るのです。

太陽が昇ると、明るく楽しいココロの1日がはじまります。今日も職員の愛情があふれる施設で、互いのココロがふれあう1日となるでしょう。

 

ココロで働きたい! そう思ったら……

ホームへ先頭へ前へ戻る