2016/05/24

【サービス提供責任者】協力し合う大切さ

曽根さん
曽根さん
氏 名 曽根さん
出身地 愛知県名古屋市
勤 務 ココロ大森北壱番館
得意技 笑顔、縄とび
趣 味 ネイル、ショッピング、ダイエット
ニックネーム そねちゃん

熱い思いをもって仕事ができる素敵な職場

きっかけと続けている理由
大学で福祉の勉強をしていたので、就職活動で福祉のフェアに行き、そこで声を掛けて頂いたのがきっかけです。実際に施設を見学し、とても明るくてキレイな施設で、スタッフのみなさんも明るく元気な人が多く、すぐに働きたいと思いました。職場の雰囲気や人間関係もとても良く、それこそが私が勤続出来る理由です。

働く中で感じること
先輩方はとても面倒見が良いです。私は介護現場で働いた経験がまったくなく、ゼロからのスタートでした。しかし今では、移乗介助、排泄介助など、ドンと来い!という感じです。
新しい入居者の方がみえた際は、コミュニケーションが上手く図れなかったりと難しいこともありますが、信頼関係を築き、上手くコミュニケーションが図れるようになった時の喜びはとても大きいです。

 

働く仲間と職場の雰囲気
ココロでは、様々な年齢層の職員が働いています。例えば私のお母さんくらいの年齢の人であったり…。ですが、みんなとても仲が良いです。
職員同士の関わり方で気を付けているのは、必ず笑顔で挨拶するということ。出勤したら、必ず全員に挨拶をします。親しき仲にも礼儀ありという言葉がありますが、挨拶はとても大事だと思います。
仕事をする時は、自分で決めて動くのではなく、提案をしてみんなからの意見や考えを聞いて一緒に答えを出していきます。報・連・相を大事にすることで、一層職員同士の絆が深まり、より良い介護を行うことが出来ると思います。

 

プロとしての意識と学び
仕事をしていく上で大事にしているのは、一人で仕事をするのではなく、他の職員としっかりとコミュニケーションを図っていくこと。協力しあって仕事をしていくことが、とても大切なことだと思います。
介護をしていく上では、初心を忘れず自分自身を振り返りながら、仕事をしていきたいです。笑顔を絶やさず、挨拶や声かけをしっかりと行い、自ら進んで仕事をしています。

 

目指していること
介護のスキルを上げることはもちろん介護保険制度の理解を深め、ケアマネジャーなどの資格取得を目指していきたいです。仲間・組織の目標としては、笑顔の絶えない職場づくり、新入社員もすぐに馴染める職場づくりをすることです。明るく元気が良く、楽しく仕事ができる環境づくりに努めています。

後輩に一言!
制服がなく、ネイルもメイクもOKな職場なので、介護っぽくないかもしれません。しかし、みんな介護には熱い想いを持って仕事をしている、とても素敵な職場です。

 

ホームへ先頭へ前へ戻る