2019/04/01

【施設長】繋げる気持ちで繋がる命

入社年度 2010年度
勤務先
ココロ大森北弐番館
氏 名 浅野
出身地 名古屋市中区
趣 味 読書(漫画のみ)、ゴルフ(練習場メイン)
得意技 両手をフルに使った洗車
ココロを選んだ理由
以前は、病院に勤めていました。
患者さんや家族様の対応に追われ、自分の目指す福祉とは何かを、完全に見失っていました。
30歳を前にして、転職を考えていた際に、当時のココロの新施設(ココロ大森北壱番館)がオープンすることを知りました。
一人ひとりの利用者様や家族様と、深い関係性を築くことが出来ると思い、ココロを選びました。
働く仲間と職場の雰囲気
年齢層は幅広く、様々な経験を持ったスタッフが集まっています。
「利用者様のニーズに、最大限お応えする」という、揺るぎない想いを皆が持っているので、チームワークは抜群です。
これは、他の介護施設と比べても、絶対に勝っているところだと、確信しています。
この仕事のやりがい
利用者様の体調が急変した際に、専門的な知識と経験を活かし、迅速に対応しています。
利用者様にも家族様にも、安心していただける対応が出来た時に、やりがいを感じます。
仕事の中で一番嬉しかったエピソード
医師から余命2か月と宣告された利用者様がいらっしゃり、家族様から「最後は住み慣れた場所で」という要望を受け、施設に戻りました。
しかし、その結果に納得出来ず、必死になって別の病院を探しました。
別の病院で利用者様の手術が行われ、数年経った今でも、その利用者様はご健在です。
諦めずに頑張って良かったと、とても嬉しい気持ちになりました。
休日の過ごし方
数年前までは、早朝からゴルフ場へ行き、コースを周っていました。
もう体力的に早起きが出来なくなり、今は練習場メインでゴルフをしています。
ゴルフ以外のプライベートは秘密です!
 

ホームへ先頭へ前へ戻る